自動車保険の見積もりを安くする

最近は特に、自動車保険の競争は激しくなっています。
テレビコマーシャルでも自動車保険のコマーシャルを見かけない日はありません。
自動車保険会社はさまざまなサービスを提供したり、割引制度をつくるなどして顧客を呼び込むのに必死です。

自動車保険の保険料はなるべく安くすませたいものですが、安いというだけで保険を選んでしまうと、万一の時の対応がきちんとしているかどうか不安なで仕方ありません。
最近はインターネットを使って複数の自動車保険の一括見積もりができるようになり、自動車保険の比較がしやすくなりました。
自動車保険の見積もりを取る時には安くするコツがあるので、見積もりを取る前に知っておくと良いでしょう。

自動車保険の割引制度は各社で少しずつ違います。基本的なものとしては、運転する方の年齢や自動車の年間走行距離、または、車が新車であることや安全設備がついていることなどがあげられます。

自動車保険は車の運転者の年齢条件の限定をすることで安くなります。
家族が何人かで車を運転する場合は21歳以上、26歳以上、30歳以上と、年齢が高い条件になるほど安くなります。
統計では、年齢が若いほど、つまり運転免許をとって間もない年齢ほど交通事故を起こしやすいという結果が出ているので、若い人は特に保険料が高くなるのです。

車の使用目的が買い物などの近所のみの場合も保険料が安くなります。
年間走行距離が少なければ保険料が安くなりますが、一定の走行距離を超えてしまうと追加の保険料を支払わなければならないことがあります。

車にエアバックやABSなどの安全装備が付いていれば、それらの条件を入れることで割引になります。

自動車保険は加入者の等級によって保険料が異なります。
等級が上がるほど、割引率が高くなって保険料が安くなります。

運転免許がゴールド免許ですと、「ゴールド免許割引」が適用になり安くなることもあります。
家族何人かで運転する場合は、ゴールド免許の方を記名被保険者にされるとよいでしょう。

保険会社によっては、見積もりと申し込みをインターネットで行うと割引になるところがあります。

保険料を安く抑える手段は沢山ありますので自分の環境にあったプランを選んでください。

スポンサードリンク


Google




CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008